Deep Concentration by Velocity

VELOCITY

1/18/2018

最近のDNB事情 1月編

皆様今年もよろしくお願いします!
新年初ブログが18日も経ってしまいましたが今年も最低でも月一は更新していきます。
先月は年間ベストということだったので2ヶ月ぶりに今月のおすすめいってみましょう!


Dub Berzerka - Goodbye
Celsiusから新年一発目のリリースはコンピレーションアルバムでこちらの曲が一番好きでした。他にもKasperの曲とか良いのあるんですけどね。
こちらはピュアなスムースバイブでここ最近とても重宝しています。イントロにビート入ってたらDJ的にはもっと使いやすかったけど。Dub Berzerkaは普段ジャンプアップを作っている人のようで全くノーマークでしたがこれはとても良い雰囲気でここ最近の一押しです。



Ram Trilogy - Huggy Bear (DJ Marky Reinterpretation)
こちらもDJでよくプレイしている曲で、とにかくオリジナルが好き過ぎて擦り切れるくらいレコードでスピンしていたのでまさかRemixが出るとは。しかもMarky!
Remixはベースのエディットって感じですがオリジナル同様、DJでも使いやすくてばっちり。Ram 25thのLPも良い感じなので普段Ramをチェックしていない人にもおすすめです。



Submorphics - Can't Get Over You (feat. Lenzman & Big Brooklyn Red)
毎回外さないNorth Quarterですが、今回はアメリカのプロデューサーSubmorphicsのEP。この曲はどちらかというとLenzmanの色が強く出た曲ですが、他の曲はSubmorphics節がふんだんに出ているので、彼の曲が好きな人にはおすすめ。EP収録のSatl & T.R.A.C.の曲も良い感じです。



Tim Reaper - Give Me More
VinylリリースをしているニューレーベルAmenologyからTim Reaperのシングルは強烈なAmenチューン。抜けの悪い感じはご愛嬌ですがその質感がまたたまりません。これもたまにプレイするのですがなかなか反応良いのでこれからもちょこちょこプレイしようかと。
レコード愛好家の方は是非手に入れてくださいね。


今回も4曲サクッとご紹介しました。
この企画だけは毎月欠かさずやっていこうと思いますのでよければブックマーク(死語?)やRSS(死語??)をよろしくお願いします。
twitterでも更新したらお知らせしていますのでよければ覗いてやってください。


v